あせも、湿疹など肌トラブルの悪化を予防しよう!

夏の赤ちゃんの肌ケア
  HOME

夏本番!肌のケアが気になる時期です
おすすめ商品

自然派虫除けスプレー

おすすめボディーソープ「アトピコ」




赤ちゃんといえど、汗腺の数は大人と同じです。からだの面積が少ないのに大人と同じだけの汗をかくのですから、「赤ちゃんは汗っかき」にみえますよね。
年中同じ肌ケアをしていると、トラブルを起こし易くなります。具体的には冬は乾燥肌、夏はあせもなどです。
特にアトピーなどのアレルギー体質でなくても、皮膚の弱い赤ちゃんも多いので、普通の生活の中で気をつけていくことが大切です。

特に私は自分自身がアトピー性皮膚炎を生まれたときからもっているので、肌については情報に敏感だし、色々試したこともあります。

皮膚に関しては、個人の差が激しいので、どの商品がいいとかどういったケアが正解だというのが無いのですが、参考になればと思い、まとめていくことにします。

赤ちゃん肌の基本的な夏のケア

からだ、顔を石けんで洗う!
なにはともあれ、清潔を保つことが大切です。
夜はもちろん、熱帯夜などで夜とくに暑かった日は、朝も顔やからだをしっかり石けんで洗います。公園やお散歩で汗をかいた後も同じです。できればおむつ交換の度にシャワーでお尻を流してあげると、もっといいです。これは赤ちゃんがたっちできる頃からでいいと思います。

石けんで洗いすぎたほうが心配・・・という方は、私が使っているおすすめのボディシャンプーがあります。が、普通のベビー用ソープで普段洗っているのであれば、それで充分だと思います。(大人用との併用は、私的には、小学校くらいまで控えたほうがいいんではないかと思います・・・。)」
顔、耳の後ろ、首周り、股をしっかり洗うのがポイントです♪


こまめにおむつを換える!
おむつかぶれにならないいちばんいい方法はこれです。そして上にも書いたのですが、おむつ交換の時に、おしりを流してあげること。

もし、おむつかぶれになってしまったら、おむつを外すことが大切です。そして余裕があれば、裸のおしりを日光にあててあげてください。日光浴がいちばんいいらしいですよ(*^∇^*)紫外線の問題もありますが、真夏の真昼間でなければ、私は紫外線問題より、目の前のお尻のかぶれを治してあげたいなぁと思うので、日光浴をおすすめします。気になる場合は、窓にUVカット効果のある商品を塗ったり貼ったり(例:UVカット110番)してみてください♪

おむつの種類を換えてみるのも、おむつかぶれを防ぐ手段です。紙から布にしたり、布でかぶれる子もいるので、通気性の良いものを選んで紙に換えてみたり・・・。


虫に刺されてしまったら
まずはここでも水洗いです。しっかり水洗いしたあと、市販の薬を塗ってあげればよいと思います。赤ちゃんにはベビー用かゆみ止めがおすすめです。

≫私のおすすめ常備薬はこれです。あせも、虫刺され・・・なんでも塗れますし、とても便利です。
■ムヒベビー 15g 【医薬品】 お子さま用かゆみ止めの常備薬
■ムヒベビー 15g 【医薬品】 お子さま用かゆみ止めの常備薬
おすすめ本
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
posted with amazlet at 05.07.20

福島 麻紀子
学陽書房 (2004/05)
売り上げランキング: 7,247

おすすめ度の平均: 5
5 もっと早く出会いたかった1冊です!!!
5 家庭に一冊!子供がいなくても便利で楽しい本♪
5 アロマを始めてみたくなる!!

Amazon.co.jp で詳細を見る



ママQ&A

Q.虫除けスプレーはしたほうがいい?どれくらい?
A.私はスプレー反対派です。基本的に。やっぱり抵抗力をむやみに落とすような気がするんです。アウトドアキャンプなど、特別なときのみにされたほうがいいんじゃないでしょうか。ちなみに、私は皮膚が弱いので、スプレーでかぶれます・・・。赤ちゃんの中にも、口には出しませんが、かゆいなぁと思っている赤ちゃんもいるんじゃないでしょうか。





Mizショッピングモール