Mizショッピングモール

マタニティブラジャー *選び方、口コミ、通販情報*

ブラジャーの選び方やマタニティブラジャーの種類、マタニティブラジャーの違いについて。

ママ
HOMEマタニティ下着>マタニティブラジャー

ストラップオープンタイプ フロントオープンタイプ

肩紐にかかっているホックを外し、カップを上から下に開閉するタイプ。アンダー部分に力を加えないので、バストを固定したまま授乳ができます。授乳後はホックを戻します。

[写真の商品は]サイドすっきりストラップオープンブラジャー2,490円

前中心からカップが左右に大きく開くタイプ。バスと全体が出せるので、授乳がしやすく、赤ちゃんの顔がカップに当たる心配がありません。

[写真の商品は]フロントオープンハーフトップ(ピジョンウィル)740円
クロスオープンタイプ ウインドウオープンタイプ

ホックもボタンも外さずに、伸縮性の良いカップを下や横に引っ張ってずらすタイプ。おろすだけなので、楽そうですが、カップがうまく下がらなかったりもします。でもいちばん着心地は楽な締め付けの少ないタイプ。洗濯はいちばんしやすいです!普段使いに。

[写真の商品は]クロスオープンハーフトップ1,200円

カップを外すと、内側に、もうひとつ枠組みだけのカップがあり、バストをしっかり固定したまま授乳ができます。大きなバストで下がるのが気になる方や、バストの形が崩れるのがイヤな方は是非!おすすめです。

[写真の商品は]小花柄ウインドウオープンハーフトップ(ローズマダム)1,290円

  マタニティブラと授乳用ブラの違い、種類 


マタニティブラジャーの役割

1.型崩れさせない!(一気に横や下へおっぱいが広がってきます)
2.乳腺や乳頭を傷つけないよう、おっぱいを守る!(揺れたり、すれたりは結構危険です)

マタニティブラジャーをつける時期

だいたい妊娠3,4か月ごろ。
アンダーやトップなどどこかしら「きついなぁ」と思えてくると思うので、気づいたときが変え時です。

マタニティブラジャーと授乳用ブラジャーの違い

マタニティブラジャーはワイヤーが入っていたり、サポート機能が充実しています。
日中、からだを動かすときや、おっぱいの大きい方は、マタニティブラジャーでしっかりと支えたほうが良いです。
マタニティブラジャーでも授乳ができる工夫があるものが多いですが、やはり授乳が「できる」けども「やりやすく」はないと私は思います。
マタニティ期につけるブラジャーと、授乳期のブラジャーは分けたほうが楽です。

価格の目安

2,000円くらいから4,000円くらいが妥当だと思います。
私が使っていたワコールのブラジャーはさすがにまったく型崩れせず、サポート機能も最高でしたが、7,000円くらいしました。私はたまたま授乳が3年以上続いたので元が取れましたが、すぐ止めてしまっていたら、もったいなかったなぁと思ったと思います。

ワイヤー入りブラジャー

ワイヤーが入っているブラジャーはストラップオープンタイプと決まっているわけではないですが、構造上、ストラップオープンが多くなっています。


ゆったりブラジャー

ゆったりタイプのブラジャーを探す方が大半なので、ノンワイヤーのほうが種類もデザインも多くなっています。そして産後はやはりノンワイヤーが楽なので、長く使えるのもノンワイヤータイプです。

商品を探す

Loading


HOMEマタニティ下着>マタニティブラジャー

このサイトはアフィリエイトプログラムを利用しています。
Copyright (c) 2004-2005 ママの便利通販 Mizショッピングモール. All Rights Reserved. 最終更新日:2010年11月10日

キーワード:妊婦用 マタニティ ブラジャー 下着 種類 違い 通販 人気