母乳育児についての体験談や情報サイト
*HOME 


相互リンク募集!

http://miz-babyshop.jp/mizHP/

当サイトはリンクフリーです。バナーが必要な場合には、上のバナーをご使用下さい。

私が母乳育児にしたきっかけ

母乳かミルクか…みなさんは子どもを育てるのにどうやって選択するのでしょうか。


私はハッキリ言って、茫漠とした中で、なんとなくやっていました。

私は、夕方出産したのですが、次の日はまるまる産院の新生児室で預かってくれました。

なので、生まれて36時間〜40時間くらい、ムスメと離れていました。

その間、おっぱいマッサージ?というか、出てるかなー出てないかなーくらいのチェックが看護婦さんからあっただけで、特に子どもをどうやって育てるかという指導はありませんでした。

ただ、明○乳業の栄養士さんから、ミルクの作り方やあげ方などは講習がありました。



やっとムスメと対面して、その後はずっと母子同室。

おむつの替え方とか抱き方を教わって、「じゃあおっぱいあげてみてください」と看護婦さんといっしょに最初の母乳をあげました。

初回はそんな感じで、「泣いたら、おむつ見て、おっぱい吸わせていいよ」と言われました。

3時間ごとに授乳の時間が一応決まっていて、記録をつけていきます。

まずおむつを替えて、体重を測りに行きます。

そのあとおっぱいを片側何分と決められた通りあげて、また体重を測りに行きます。

飲んだ量が規定量より少ないと、その少ない分だけミルクを足しました。

その数値を全部記録用紙に記入。

それを3時間ごとに繰り返し。




かなり機械的な作業。つまり授乳も「やりました」に近い感じ。


おっぱいは合間にもあげていましたが、ミルクは消化が悪いから3時間はあけてね、と言われたので、その後家に帰ってもそうしてました。


生後4日目から、授乳量は1回60ccと言われたのに、18ccしか母乳を飲んでいなくて、40ずつ足していました。

「そうかー。母乳足りないんだなー」と思ったので、実家に帰っても、泣いたらとりあえずおっぱいをあげて、前のミルクから3時間以上経っていれば、ミルクをあげました。

体重計がなかったので、ミルクの量をどうしようか悩んだのですが、ミルクの缶に書いてある量を目安にしました。

1/2月までは80ccと書いていたので、40から60くらい作ってあげて、それでも泣いたらまた足して、という感じ。


そんなこんなでずーーっと過ごして、ふと疑問に思ったのが、ムスメ生後2ヶ月ちょっとの頃。

もうその頃はおっぱいあげても全然口に含む時間が短いし、おっぱいは張らないし、「母乳でてないんかなー」と思って、ミルクばっかりあげてました。


でもどんどん太ってきて、体重が7キロに達しようとしてて、どうしてこんなに大きいんかなと思ってました。

それなのに、ミルクの缶に書いてある量を作ってあげても、日中は全部飲まない。1回140とか書いてるけど、飲むのは80くらい。

「なんで太るんやーー!」謎でした。


それに毎日吐いてばっかり。一日のうちに一度か二度は絶対ミルクを「ぶわーっ」と吐きました。

でも特にその後しんどがる様子もないし、病気じゃないのかーと思って、またミルクをあげて。

小さな疑問がちょっとずつ頭に浮かんだけど、まだボーバクとしてる私の頭の中。

しかも吐いたり残したりで、かさんでいくミルク代。家計のやりくりと授乳のたびのストレスでずっとイライラしてました。


そして、とにかくこの子にどうしてやるのがイチバンいいのか、毎日毎日考えてました。

だけど、本を読む時間もないし、周りに誰もいないし、解決策が見つからない日々。

旦那と「太ってきたねー。なんでかね。どうしたらいいんやろうね。」と言い合う日々。

ムスメは一日抱っこしてないと泣くし、こっちもイライラして、かなりまいってました。


そしてあるとき助産士さんのサイトを発見して、「母乳育児」というものを初めて意識し始めました。

ぼーっとしていた頭が少しスッキリしてきたような、そんな感じになりました。

とにかく一度受診してみようと思って、この助産士さんを訪ねたのが始まりです。ムスメは生後3ヶ月になってすぐでした。






Page Topへ▲

HOME

Copyright© 2004 baby★CAFE 母乳育児奮闘記. All rights reserved.