母乳育児についての体験談や情報サイト
*HOME 


相互リンク募集!

http://miz-babyshop.jp/mizHP/

当サイトはリンクフリーです。バナーが必要な場合には、上のバナーをご使用下さい。


*関連リンク
全米人気の抱っこ紐NewNativeスリング
娘の成長記録(生後2ヶ月〜3ヶ月)  

母乳育児相談室への訪問。混合から完全母乳への移行。

生後54日:5600グラム

生後71日:6200グラム

生後90日:6700グラム




どんどん大きくなる娘に、不自然な感じを抱き、ミルク育児の弊害や、母乳育児について調べ始めました。

このころ、1回の授乳にミルクは200ミリ近く作っていました。ミルクの缶などに書いてある通りの回数、量でやっていました。
でも娘は1回について、60ミリくらい飲むか飲まないか。大半を捨ててはまた作り・・・の繰り返し。
おっぱいをふくませても、飲まずに泣くし・・・。生後3ヶ月に入ったあたりからは、まったくおっぱいはあげていませんでした。


昼夜問わず、ずーっと泣いたり、機嫌の悪い状態で、抱っこしたまま、眠る日々が続いていました。このときベビースリングなどの便利なグッズを知っていればよかったのですが、ずっとタオルでくるんだ娘を抱いて、その辺をうろうろしていました。腰も手も痛いし、寒いし(12月)、おかしくなりそうでした。

旦那は死ぬほど忙しい時期で、帰ってくるのは朝6時。出かけるのは朝11時。
話もできないし、抱っこも頼めませんでした。

実家に帰りたかったけど、荷物をまとめる余裕すらなくて、途方にくれていました。


それで、とにかく色々インターネットで調べて、探し当てたのが「母乳育児」ということ。
全部母乳で育てるために、自分が努力しないといけないなんて思っていなかったので、目からうろこでした。おっぱいの出は、個人差によるもので、自分は「出ない人」なんだと思っていました。でも、直る見込みがある!というのがわかったので、母乳育児相談室へ藁をも掴む気持ちででかけました。

片道1時間半。プチマンマさんで、おっぱいを見てもらうことになりました。

そこでいわれたのが、おっぱいの質の悪さミルクのあげすぎによる赤ちゃんの胃の負担私の食事の悪さ・・・などなどでした。

もーーー!そうだったのかぁ!!!と目の前がいっきに晴れて、すがすがしい気分になりました。

育児もうやめたいなと思って、かなり思いつめていたけど、解決方法がわかれば即実行!!!


で、その次の日から、里芋シップをはり、ごぼうの種を飲み、とにかく泣けば授乳を繰り返す日々が始まりました。私の食事も一変!和食で、乳製品抜きを始めました。

ミルクはどうしてもパパが寝る前だけはあげてくれといわれ(泣くと眠れないから)、1週間くらいだけ1回ずつミルクをあげました。倍の薄さにし、30cc〜60cc程度に抑えました。そのほかの時は、砂糖水を作ってあげたりしてごまかしました。砂糖水は1ヶ月くらい、ミルクは1週間で止めました。

泣いていましたが、今までも泣いていたから、気にしませんでした。これからよくなるはずと思えば、かわいそうだとも思いませんでした。

なれないことで、私も疲れて39度くらい熱を2回出しましたが、薬も飲まず、そのまま授乳。


大変そうかもしれませんが、ミルクを作る手間がなくなった分、ぜんぜん楽チンでした。
それに、先生がこの時期は大変だからおにぎりをいっぱい作って、疲れたらそれを食べて、家事は少しお休みしてって言ってくれていたので、そのまま実行しました。


2回くらい先生のところへ通ううち、みるみる娘は小さくなり、全体が締まってきました。






Page Topへ▲

HOME

Copyright© 2004 baby★CAFE 母乳育児奮闘記. All rights reserved.