【PR】格安ベビーグッズ店 Mizショッピングモール〜ベビーグッズ&授乳服〜






















お気楽♪赤ちゃん連れ帰省のススメ(千葉〜関西方面)

全然大変じゃないです!大丈夫!ただ、周りに迷惑をかけないように移動しましょう(*^∇^*)


私は和歌山県出身で、出産も和歌山でしました。
主人も出身が兵庫県。

転勤族で、今は千葉にいるんですが、3ヶ月に一度、娘を連れて実家の方面へ帰省(私と娘だけ)しています。

そういうと「大丈夫なの!!?」と驚かれたり「すごいねえ」と言われたりすることがよくありますが、何も全然大変じゃないです。

ポイントは、時間に余裕を持つ ということと、 神経質にならない ことです。

子どもは時間通りにいかないことは言うまでもないので、とにかく早め早めに行動をして、絶対時間に追われないようにすることです。
これくらい余裕があれば・・・と思ってもギリギリになるもの。できるだけ早い行動にこしたことはないです。


そして、「神経質にならないこと」
私が他のお母さんの旅行の計画や持ち物を聞いていても、ちょっと神経質すぎるんじゃないかと思うことがよくあります。
そんなに気負ったら疲れるだけですし、楽しくないです。

そこで、神経質にならないためのポイントを思いつくまま書いていこうと思います。



1.ウンチをしても慌てない

おむつ替えが少し遅くなったって大丈夫。今日、今、少しおしりにウンチついてたって死なない・・・そう思いませんか?いつもはすぐきれいにしているんですもの!1回分くらい大丈夫!

と思って、まず時間をみて、今替えても問題なさそうなら、替えられそうな場所を探します。
空港内や駅構内、駅ビル付近ならおむつ替えシートのあるトイレ(障害者用兼用のことも)を近くの職員の方に聞いてみます。
(わざわざ下調べするほどのことでもないです。今はだいぶ整備されました)

なければ、普通の女子トイレの洗面台にバスタオルをひいて替えてもいいし、トイレの蓋の上でもできます。
このとき敷物がないとかなり辛いですので、市販のおむつ替えシートやバスタオルは移動の必需品です。

よつ葉のクローバーちゃんオムツ替え超便利セット
春色カンタンおむつ替えマット(3枚セット) サックス/グレー/ピンク

特急列車や新幹線なら車掌さんに聞けばOK。最近は洋式トイレならだいたいシートありますし、なければ多目的室(体調の悪い方を乗せたり授乳室代わりにつかえるルーム)を使わせてくれます。

ただ、トイレのない高速バスやトイレのないレストランでの食事中は困りものです・・・。
でもここで、人前で替えるのだけは止めた方がいいです。おむつの中を見るのは心地よくありませんよ・・・。
なので、ぐっと我慢!我慢です。ついたらすぐ替えてあげれば問題ないです。

紙オムツはひとつずつスーパーでもらえる透明のナイロンの袋に入れておいて、新しいのを出したら、その袋に使用済みオムツを入れて縛って捨てます。絶対そのまま捨てないでくださいね!思う以上に臭いので、マナー違反です。

消臭袋など買う必要はないですが、オムツを持って歩く場合はやっぱりあったほうが気分がいいです。

アヒルのトラッシュパック スターターセット


2.授乳室はなくてもよい

おっぱいはどこでだってあげられます。絶対授乳室ということはありませんし、人前でおっぱいあげてジロジロ見られたり、周りが嫌な思いをするということはそんなにないです。ちょっと隠せば大丈夫。(丸見えだと周りの男の人は辛いかも)
授乳用スカーフ (ローズマミー)もありますし、抱っこケープ(バディバディ)を少し上からかけておくだけでも充分目隠しになりますよ。

粉ミルクの方は、哺乳瓶に粉ミルクをいれておいて、水筒のお湯を入れればOKの状態にして持っておいて、ちょっとレストランやカフェに入って作ってあげればOK。飛行機ではお湯もらえますし、普通のレストランでも最近はもらえます。でも、絶対水筒は持っていかないとないとき困りますから・・・。

消毒は、高速のSAや駅ビル内のベビールームなんかでは電子レンジがあったりしますが、外ではできないと思ったほうがよいです。気になる場合は消毒したものをたくさん持つか、使い捨て哺乳瓶を使います。でも使い捨ては広い場所がないと作りにくい(構造がいまいち使い勝手が悪く作りにくい)ので、おすすめしません。
100均で売っている小さいボトルにベビー用洗剤を入れて持ち歩けば、どこでも清潔に洗えますので、それで充分だと思います。

電子レンジ消毒バッグ 出し入れ簡単




3.荷物は必要最小限+おむつは余分にが原則

おむつはなかなか売っていないです。コンビニにあるだろうと思って、何軒も探し回って、結局同じ月齢くらいの赤ちゃんのお母さんにもらったことがあります(恥)。おむつだけはないと最悪です。半日の移動で普段は4枚替えているとしたら倍くらい持っておいたほうがよいです。このときのオムツはできるだけ薄いものを。メーカーによって各社分厚さがまちまちです。移動のときはパ○パー○をお薦めします。Mサイズのパンツもでましたし、パンツ型の方が移動では向いています。

その他の荷物はできるだけ最小限に。現地でいるものは実家やホテルに送ります。

★着替え1組

☆哺乳瓶(プラスチックが軽くて○。中には粉ミルクを入れておく)
☆水筒
☆粉ミルク (計量して袋につめておく)
☆ベビー用洗剤 (小さい容器にいれておく)

★ティッシュ
★おしりふき(携帯用)⇒口が汚れたり、手が汚れても全部これで拭く
★タオル(ガーゼのものを買っておくと薄くて軽くて便利)
★おむつ替えシートか薄いバスタオル
★紙おむつ 普段の倍の枚数(透明のポリ袋にひとつずつ入れておく)

★ビニール袋 2枚
★ペットボトルのお茶(小さいペットボトルでないと邪魔)
★お菓子
★おもちゃ いつも遊んでいるもの一つ              等々

月齢が小さいうちはおもちゃや絵本などは移動中はなくてもなんとかなります。ひとつ気に入ったものがあれば、あとは自分の携帯電話やキーホルダー、ビニール袋をもたせてもいいし、自分の手で手遊びをしたり、歌を歌ったりでけっこう間がもちます。
しっかりお話ししたりして、コミュニケーションをとるのにとてもいい時間なので、家と同じように遊ばせるのではなく工夫してみてください。




他にもたくさんありますので、随時記載していきます。



【赤ちゃん連れ旅行におすすめサイト】
【じゃらんnet】クチコミ子どもの喜ぶ宿 
【楽天トラベル】赤ちゃん連れでも安心の宿検索
【たびてネット】大人気!露天風呂付き客室の宿を予約
【wbf.co.jp】東京発格安で魅力的な旅行たち!
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMを一年中楽しむなら年間スタジオ・パス!
【旅ぷらざ】会員登録不要!キャンペーン料金比較ができるレンタカーサイトはこちら。


【赤ちゃん連れに優しい宿】
赤ちゃんペンション めーぷる(清里)
ペンションAIOI(那須高原)
ペンション・麦藁帽子(伊東)
ペンション ジュークボックス(白馬)
ちびっこ歓迎ペンション マロン (那須高原)
谷川温泉 旅館たにがわ