母乳育児についての体験談や情報サイト
*HOME 


相互リンク募集!

http://miz-babyshop.jp/mizHP/

当サイトはリンクフリーです。バナーが必要な場合には、上のバナーをご使用下さい。

母乳の質について

母乳にも、「味」「質」があり、そこにはもちろん良し悪しがあります。

今まで私がお母さんたちと話した中で、母乳の品質にまで知識を持っていた方はとても少なかったです。実際、母乳は「出る」「出ない」ということに終始していて、それ以上のことを病院などでも教わっていないようです。

私も実際、最初はぜんぜん知りませんでしたよ!母乳育児相談室に通って初めて知ったことです。


さて、母乳の質とは・・・。

良い母乳
・色は青みがかっている(白いんだけども、透明感がある)
・サラサラとしている
・なめると甘い
・人肌にあたたかい


悪い母乳
・白濁している
・どろどろしている
・なめると塩辛い、にがい
・冷たい


大きな違いはこのようなことです。
質が悪くなるのは、お母さんの食事内容もさることながら、おっぱいが古くなると質が落ちてくるようです。
おっぱいが詰まっていて、乳房の中に外へ出られなかった乳が溜まり、それが質を落としたり、授乳感覚が長くあいて(最適な授乳感覚は3時間といわれています)、乳房の中でできあがった乳が古くなってしまったり・・・。


ご自身の母乳の質をチェックするためには、まず「味見」。
甘くて、おいしかったらOK!
そうでなかったら・・・やっぱり赤ちゃんもおいしくないと思っているはずです。
原因は詰まりか、食事か・・・?


このHP内にも、ほかの母乳育児関係のWEBサイトさんにもたくさん情報が載っていますので、参考にして、おいしいおっぱいをいっぱい出してくださいね!




Page Topへ▲

HOME

Copyright© 2004 baby★CAFE 母乳育児奮闘記. All rights reserved.