母乳育児についての体験談や情報サイト
*HOME 


相互リンク募集!

http://miz-babyshop.jp/mizHP/

当サイトはリンクフリーです。バナーが必要な場合には、上のバナーをご使用下さい。

里芋シップの作り方

おっぱいにしこりができたり、痛みがあるとき、とてもよく効く里芋シップの作り方です。

★用意するもの


里芋粉、キッチンペーパー4枚、水、ボウル


★作り方

里芋粉に水を混ぜて練ります。つくりやすい分量は里芋粉50グラム、水大さじ3〜4。
ちょっとゆるいくらいでいいです。


半分に切ったキッチンペーパーを重ねて、その片側半分の面に塗ります。


つまりキッチンペーパーのもとの大きさの1/4の面積に里芋粉を塗ります。


折りたたんでできあがり。キッチンペーパーを重ねるのは、里芋粉が肌に直に触れるのを防ぐためです。かぶれたりするらしいので。


こういうふうに、痛い部分とブラの間に挟みます。



里芋粉50グラムで作ると、このシップが4枚できます。

両乳房で使うときは、残りの2枚を冷蔵庫に入れておき、3時間ごとくらいに交換します。
そのとき、冷蔵庫に入れる前のシップ(肌につけていたほう)はかなり乾燥していると思うので、打ち水をして、湿らせた状態でビニールなどにいれ冷蔵庫へいれます。
繰り返し、3回〜4回くらいは使えます。


おっぱいは温まりすぎると、母乳をつくりすぎて、それがまた痛いところを圧迫(?)したり、おっぱいの悪化の原因になります。シップで冷やすと、1日くらいですーーーっと痛みが消えますよ!

ぜひ、なんかおっぱいがチクチク痛いなぁと思ったらそのときに!作って張ってみてください。


里芋粉はこちらで購入できます。
おっぱいのケアに 里芋シップ 0506アップ祭5
おっぱいのケアに 里芋シップ 0506アップ祭5

200グラムで480円です。1回に50グラムくらい使うので、2,3袋まとめ買いすると便利です。日持ちします。



ちなみに、里芋シップはかなり独特のにおいがします。旦那さんがびっくりすると思うので、練っているところを見せたりして、教えておかれるとよいですよ♪




Page Topへ▲

HOME

Copyright© 2004 baby★CAFE 母乳育児奮闘記. All rights reserved.